1. HOME
  2. イベント
  3. つくる
  4. 書と俳句 冬銀河編

書と俳句 冬銀河編

冬の星空をテーマに、俳句と書の基本を学びます。

温かい飲み物をいただきながらの大人の書と俳句の会です。

あたたかいドリンクをいただきながらの大人の書と俳句の会です。
衣衣(きぬきぬ)
による俳句と葉山 桃風(はやま とうふう)による書道のレクチャーとなっております。

 

季語を使い、考えていきます。下記は例ですので、ご参加の前に少し考えてみるのもいいかもしれません。

【冬の季語】
冬の夜 冬の月 北風 冬の灯
冬の星 凍星 寒昴 寒オリオン 冬銀河 冬北斗
冬野 枯野 落ち葉
外套 手袋 ストーブ
葛湯 湯豆腐 おでん

 

※「KLASS 会場でのイベント再開と新型コロナウイルス感染拡大に備えた対応のご案内」については、
下記のURLページをご覧ください。
https://klass.co.jp/special/infection_control/

日時 11月23日(月・祝) 17:00-19:30

17:00〜17:30 まち歩き(冬の夜空を観察)
17:30〜18:00 俳句の時間
18:00〜19:30 書道の時間

★20:00〜 懇親会

※こちらは希望者のみ、会費制の懇親会となります。

場所 西日暮里駅内 エキラボniri
対象 大人向け
持ち物など *温かい恰好でおこしください。
*硯と小筆はご持参ください。墨汁はこちらでご用意いたします。
*筆ペンをご希望の方は筆ペンチケットをご購入ください。(こちらは 申し込み5日前まで となります。)
*練習したい書道道具をお持ちの方はご用意下さい。
注意事項 墨を扱いますので、汚れても良い服装でお越しください。
定員 15名
料金
4,000円
(清書のハガキ 1ドリンク含む)
※筆ペンチケット:4,500円
ご予約はこちら https://syotohaiku1123.peatix.com/
講座コード:K6-13
申込締切日
2日前まで
※筆ペンチケット:申し込み5日前まで

<講師プロフィール>

●「俳句」について

衣衣(きぬきぬ)
俳句zine「hi→(ハイ)」同人。
俳句 ・句会を体験しその面白さに目覚めたことから、友人たちとカレンダーと句からなる季刊zine(流通にのらない手作りの雑誌)『hi→(ハイ)』を2010年より刊行(現在はお休み中)。
平行して、「文学フリマ」への参加、「書と俳句の会」「B&B 句会」などのイベントも主催。
はじめて作った句は、「白壁はプールのにおい百日紅」(下北沢 吟行)。

 
●「書」について

葉山 桃風(はやま とうふう)

謙慎書道会 評議員 日本書道家連盟会員 1981年生まれ。 5才より母、鳴風に師事。
ロンドン留学、服飾デザイナーを経て、 2005年より書の会を定期的に開催。
出勤前の朝の時間を使った朝書教室や「書と俳句の会」等のイベントを主催。
題字や商品ロゴ、パッケージ、店舗サイン等での展開も広げている。
「地域資源発掘シリーズ 佐賀 柳町」(うなぎの寝床出版)等

| つくる