1. HOME
  2. イベント
  3. きく
  4. 三浦展と下町まちあるきトーク

三浦展と下町まちあるきトーク

『下町はなぜ人を惹きつけるのか? -「懐かしさ」の正体-』(光文社) 刊行記念
「三浦展と下町まちあるきトーク」

西日暮里スクランブルに位置する本屋「西日暮里BOOK APARTMENT」の本棚主であり、
社会デザイン研究者の三浦展 氏をお招きし、西日暮里駅を出発し、まち歩きとトークを行います。

※トーク終了後にサイン会を行います。

当日の流れ 10:00 エキラボniri 集合、受付
まちあるき開始
※参加者には事前にまちあるきルートをご連絡いたします。16:00 まちあるき 終了、銭湯へor休憩
17:30 トークのみの方、受付開始
18:00-19:30 トーク
19:30-20:00 西日暮里BOOK APARTMENT にて本の販売、サイン会※西日暮里BOOK APARTMENTについて:https://scramblebdg.com/book-apartment/
本について
『下町はなぜ人を惹きつけるのか? -「懐かしさ」の正体-』(光文社)
工場からの煙が立ち上る、「近代」の象徴でもあった下町。だが、関東大震災を経て徐々に東京の重心は山の手に移動していく。その後太平洋戦争、高度経済成長を経た1970年代、下町はノスタルジーの象徴として「発見」された。下町は人々の心の中で”つくられた”のだ。
私たちはなぜ、下町へ対して「懐かしさ」を見出しているのか?人々の暮らしや住まい、娯楽を中心に13の街の歴史を振り返りながら考えてみよう。
日時 11/14(土) 10:00-20:00
場所 西日暮里駅内 エキラボniri
対象 どなたでも
持ち物など まちあるきにご参加の方はお昼ごはんをご持参下さい。
定員 30名 (まちあるきは、定員12名)
料金 ●まちあるきトークチケット:¥3,000
●トークのみチケット:¥2,000
※今ならNIGHT KIOSKで使えるドリンク500円分チケット(使用期限あり)プレゼント!
 

●オンライントークのみチケット:¥1,500
※こちらはドリンクチケットはつきませんので、予めご了承ください。事前にメールにてZoom IDをお知らせいたします。

ご予約はこちら https://miuraatsushi-talk.peatix.com/
講座コード:K041
申込締切日 当日まで

 

<プロフィール>

三浦 展 (みうら あつし)

 

 

 

1958年新潟県生まれ。社会デザイン研究者。
1982年一橋大学社会学部卒業。(株)パルコ入社。マーケティング情報誌「アクロス」編集室勤務。86年同誌編集⻑。90年三菱総合研究所入社。99年カルチャ ースタディーズ研究所設立。消費社会、家族、若者、階層、都市、郊外などの研究を踏まえ、新しい時代を予測し、社会デザインを提案している。 著書に『首都圏大予測』『東京は郊外から消えていく! 』『東京郊外の生存競争が始まった! 』(以上、光文社新書)、『都心集中の真実』 (ちくま新書)、『吉祥寺スタイル』(文藝春秋)、『東京田園モダン』(洋泉社)、『昭和娯楽の殿堂の時代』(柏書房)などがある。

| きく