1. HOME
  2. イベント
  3. うごく
  4. ダンスの使いかた展

ダンスの使いかた展

本展では、「あなたはダンスを使って何をしていますか?」という問いへの参加作家それぞれの回答を作品と共に展示し、ダンステクニックの甲乙や、作品創作への評価ではない側面から、“ダンス的な振る舞いの根源的な面白さ” を多角的な視点で探ります。例えば、日常を五感以上に味わうために身体を揺らしてみる人がいれば、気持ちいいコミュニケーションの一手段として言葉の代わりに身体の動きを送り出す人がいます。作家の数だけある様々なダンスの “使いかた” を並べることで、ダンスの輪郭やダンサーの思考を浮かびあがり、日常を自らの身体と共に生きるすべての人に刺激となるはずです。

-ダンス井戸端会議-

イベントメインサイトはこちら。
https://idobata.space/article/lp/exhibition2022/
日時 2022年 1月15日(土)・16日(日)
11:00〜20:00タイムテーブル
展示内容 ❶「あなたはダンスを使って何をしていますか?」
展⽰タイトルと呼応した「あなたはダンスを使って何をしていますか?」という問いに対する出展作家からの回答を、テキストと映像・ビジュアルで展示。作家の数だけある様々なダンスの“使いかた”が並びます。参加作家: アグネス吉井、有泉汐織、安藤⾏宥・井塔由梨・ワカナミ所⻑、内⼭茜、遠藤七海、⾝体企画ユニットヨハク、杉本⾳⾳、Ne Na lab、はらだまほ、渡辺はるか(OrganWorks)

❷ 関連プログラム
ダンス井⼾端会議のこれまでの活動報告や、今回の問いを共に考える仲間を増やし、今後の思考につなげるためのメンバー発案の関連プログラムを実施。

 

❸リアルダンス井戸端会議
各⽇1時間のリアルダンス井⼾端会議を会場にて開催。 どなたでもご参加・ご観覧いただけます。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によりましては、予告なく変更する場合があります。何卒ご容赦ください。

1⽉15⽇(⼟)14:00-15:00 井戸端テーマ:まとまらない集まりかたを考える
1⽉16⽇(⽇)14:00-15:00 井戸端テーマ:パフォーマンスのアーカイヴィングを考える

対象 だれでも
場所 西日暮里駅内 エキラボniri
料金 無料

 

 

<プロフィール>

「ダンス井戸端会議」とは
コンテンポラリーダンスをバックグラウンドに持つ、様々なメンバーが集まり井戸端会議(=雑談)をする会。

2018年、文化庁の「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」でコンテンポラリーダンスの団体の採択がはじめてゼロとなった危機感を背景として、同年10月に立教大学映像身体学科特任教授の砂連尾理と同学科卒業生の有泉汐織によって発足。以来、⽉⼀回のペースで精⼒的に活動を継続中。
東京ではなかなかダンサー同⼠が繋がる場がなく、まずは⾝近なメンバーでダンスについて考える会を開こうと雑談会からスタート。近年では舞踊史や関連学問などの勉強会やゲストを招いてのディスカッションの場としても機能している。
2021年12月現在、30名ほどのメンバーがそれぞれの関わり方で参加・活動する。メンバーは主に20-30代の、学⽣、フリーランスのダンサー、カンパニー所属ダンサー、制作者、劇場関係者、研究者など。

ダンス井戸端会議 Webサイト https://idobata.space/

ダンス井戸端会議Twitter https://twitter.com/idobata_space_

| うごく

今後のイベントはございません。